読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ORASレートシーズン7使用構築瞬間最高6位

どうもORASからTNさくらんに改名いたしました元さのすです。シーズン6終了後にはもうあまりガチでやらないとか言っていたのにいつの間にかORASでもガッツリレートに潜っておりました。ORASレートではXY時代には持っていなかったスイクンランドロスを使ってみたいと思いパーティに入れたところ序盤から調子がよくシーズン中盤には念願の1ページ目に乗ることが出来ましたが終盤になるにつれリザ、バナ、バシャなどの辛いポケモンが増えて来たためにパーティを解散したので公開しようと思いました。

 

f:id:pokemon_sanos:20150109183729j:plain

それでは今回使ったパーティを紹介していこうと思います。
f:id:pokemon_sanos:20150109183848j:plain
クチート@メガ石
いじHA振り
じゃれつく
炎の牙
はたきおとす
ふいうち
技構成、努力値振りはシーズン6と同じです。前シーズンと同じ個体なので特に書くこともないですが、やはり高レートになると炎の牙を読まれることが多く高レートと当たるレートになったらつるぎのまいを採用したほうがいいと思いました。
f:id:pokemon_sanos:20150121111718j:plain
ひかえめHC振り
トライアタック
目覚めるパワー(地面)
こちらもシーズン6と同じ個体今シーズン後半からちょくちょくDL対策されたポケモンと当たるようになりDLポリ2が流行っていることを感じました。
f:id:pokemon_sanos:20150209184114j:plain
キノコ@襷
いじっぱりASぶっぱ
種マシンガン
キノコのほうし
がんせきふうじ
前シーズンと同じいじっぱりキノガッサ
今シーズンで陽気ガッサに勝てる調整のキノガッサが流行りはじめましたが自分はASぶっぱで使ってました。理由は陽気ガッサに勝てるいじっぱりガッサが増えれば陽気ガッサは勝手に減るのでわざわざ個体数の少ない陽気ガッサのためにA削らなくてもいいと思ったからです。
f:id:pokemon_sanos:20150209184725j:plain
ゲンガー@メガ石
おくびょうHS
おにび
たたりめ
みちづれ
こちらも前シーズンと同じ調整
ガルーラフシギバナを確実に狩るのが役割です。今シーズンは鬼火を当てない近眼野郎でした…
f:id:pokemon_sanos:20150209182138j:plain
ランドロス@スカーフ
いじっぱりHABS振り
とんぼがえり
ばかぢから
じしん
いわなだれ
努力値消してしまって詳しい調整忘れました、確かS135属抜きでA実数値200まで振りであと耐久だったはず。
このパーティの潤滑油的存在で強かったです(小並感)ガルーラバシャーモなんかの火力お化けのAダウンや終盤の掃除担当。序盤はミミロップが結構いてばかぢからで倒すの楽しかったです。
f:id:pokemon_sanos:20150209183306j:plain
スイクン@カゴのみ
図太いHB振り
ねっとう
めいそう
ねむる
吠える
よくいるねむカゴスイクン、調整は知り合いの方のスイクンを参考にしました。ポリクチがキツい毒守ガルド、ヒードランバシャーモ当たりの対策に入れました。はじめて瞑想スイクン使ってみましたがやっぱりめちゃくちゃ強いですねこいつ。1回瞑想積めばサンダーあたりも起点にする化け物っぷりでした。吠えるは冷凍ビームと選択でいいと思いますがやっぱり起点回避したかったので自分は吠えるを使ってました。
 
基本選出は
ポリ2+クチート+何か
力負けするガルーラ軸のパーティやバシャーモフシギバナがいる時は
ランドロス+ゲンガー+何か
という選出をしランドロスの先制とんぼで有利対面を作ってガルーラフシギバナをキャッチしてみちづれで確実に倒します。このパーティは比較的どんなパーティに対しても戦うことができ、選出段階で詰むということはほとんどありませんでした。辛いポケモンがはっきりしているためいかに辛いポケモンに仕事をさせないかがきもになります。最高レートは2067くらいで最終レートはサブROMの2050だったので結果を残せたとは言い切れませんが個人的には完成度の高いパーティだと思うので参考にして頂けたらと思います。