読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SMシーズン1最終使用構築【ふろーずんガルガブ】最高2186最終2149

f:id:pokemon_sanos:20170117050806p:plain

シーズン1は使えるポケモンが少ない中でいかにZ技も含めた新要素に対応するかが求められたシーズンのように感じました。

個人的には常に後手後手に回るような構築の組み方をしてしまったため最終日の朝7時にようやく2100後半に乗せることができるぐらい勝てず反省しかないシーズンになってしまいました。

 

【個別紹介】

 

f:id:pokemon_sanos:20170117071735p:plain

メガガルーラ

いじっぱり

191(84)-189(212)-122(12)-*-141(164)-125(36)

ねこだまし/ブレイククロー/じしん/がんせきふうじ

もともとは身代わりガルーラを使用していましたがギャラドスパルシェンポリゴンZなどにS操作ができる強みのあるがんせきふうじに変更し使用していました。

調整は身代わりガルーラを使用していた名残で身代わりを意識した調整になっていますがDに厚く割くことでカプコケコの10万Zやカプテテフの眼鏡サイコキネシスを耐えられるため非常に役立ちました

 

f:id:pokemon_sanos:20170117072515p:plain

ガブリアス 持ち物こだわりスカーフ

陽気

183-182(252)-115-*-106(4)-169(252)

げきりん/どくづき/じしん/ほのおのきば

積み展開に対してストッパー性能の高いスカーフガブリアス。破った後のパルシェンや臆病スカーフテテフに対して上をとるため陽気にしていました。どくづきはブルルピンポイントで採用していましたが打つ機会が少なかったためアイへなどに変えてもよかったかもしれません

 

f:id:pokemon_sanos:20161224165459p:plain

カプ・コケコ 持ち物電気Z

臆病

145-*-105-137(172)-106(84)-200(252)

 10万ボルト/マジカルシャイン/瞑想/身代わり

C...Z10万ボルトで無振りメガルカリオを落とせる、+1Z10万で無振りカプコケコが落ちる

D...+1で無振りポリ2の不一致90技を身代わりが確定耐え

最低限の火力を保持しつつDLポリ2でも起点にできるようB<DになるまでDに努力値を割いたカプコケコ。受けループ気味のサイクル構築などに対しては非常に刺さりがよく1匹で完封できる試合も多かったです

 

f:id:pokemon_sanos:20161224163326p:plain

ミミッキュ 持ち物...ゴーストZ

陽気

131(4)-142(252)-100-*-125-162(252)

おにび/シャドークロー/身代わり/呪い

相手の高火力物理ポケモンに対して鬼火を撒きテッカグヤの受けの補助を行ったり、オニゴーリイーブイバトン、壁展開に対しての対策になるポケモン。ゴーストZは無限暗夜の誘いによって火力不足の補填とZ呪いによるHP回復の2つの選択肢を取ることができ非常に強力でした。

 

f:id:pokemon_sanos:20170117075357g:plain

バイバニラ 持ち物 気合いの襷

特性ゆきふらし

うっかりや

147(4)-*-105-178(252)-106(20)-128(228)

ふぶき/フリーズドライ/めざめるパワー(地面)/ミラーコート

B<D

ガルガブで押し切ることが難しいドサイドン、マンダジバコ、テッカグヤテテフジバコなどに対して出していくポケモン。サンムーンから特性ゆきふらしを取得しふぶきを必中で打てるようになったことやORASと比べ素早さのラインが全体的に下がったこともあり非常に活躍の場が広がったポケモンだと感じました、しかしながら上位での使用者があまりにも少ないため情報共有などによる型バレが激しく初見のはずの相手でもジバコイルやカプテテフがなぜかバイバニラから逃げていくことが多々ありマイナーポケモンを使う難しさを感じました。

性格や努力値配分に関してですが、育成した当初はフリーズドライの枠を氷の礫にしていて攻撃に下降補正をかけたくなかったことやバイバニラは案外種族値が高くミラーコートで与えるダメージが足りないことが多いため性格をうっかりやにして使用していました。

 

f:id:pokemon_sanos:20161224164530p:plain

テッカグヤ 持ち物ウイのみ

てれや(無補正)

203(244)-121-137(108)-127-138(136)-84(20)

ヘビーボンバー/火炎放射/守る/宿り木の種

B<D

B...殻破り後のパルシェンをつらら張りをきのみ非考慮で確定耐え

S...20振りポリ2、ジバコ抜き

1家に1台感覚で流行っていたポケモン。地面の一貫を消すころのできる枠であり、物理受け、特殊受け、ニトチャ型、果てはZ型まで様々な型が使用されていました。

シーズン序盤から中盤にかけてはミラーを意識しどんどんSラインが上がっていきましたがテテフパルなどの登場で最終的にはこの型を同じ84か下降補正をかけた72までSラインが下がりその分耐久に厚い型が多くなった印象を受けました。

耐久に補正をかけるためにSに下降補正をかける型にしようとも思いましたがHCジバコイルポリゴン2に上から殴られることを嫌って無補正テッカグヤを使用していました。

 

 

 

 

最高レートは2186 最終レートは2140ぐらい

TNこと♪で潜っていました

対戦してくださった方ありがとうございました。

 

 

 

 

 

↓余談

2182でマッチング切断ミスして泣いてたら相手知り合いだった_:(´ཀ`」 ∠):

 

f:id:pokemon_sanos:20170117091524p:imagef:id:pokemon_sanos:20170117091843j:image

 

 

 

 

 2200行きたかった...