自己紹介

さくらんと申します

一応BWの頃からポケモンしてます。ガチでレートし始めたのはXYのシーズン3からです。
 
成績
シーズン3(追い風ヘラ)
最高2001 最終 1808 (最終5398位)
 
シーズン4(ガルーラスタン)
最高最終1933総合9018 (最終シングル1098位総合81位)
 
シーズン5(ガルーラスタン)
最高最終2125(最終57位)
 
シーズン6(ポリクチアロー)
最高2043最終2039 (最終178位)
 
シーズン7(ポリクチランド)
最高2067最終2050(最終209位)
 
シーズン8(ポリクチランド)
最高最終2220(最終18位、サブROM36位、総合47位)
 
シーズン9(ポリクチボルト)
最高最終2128(最終33位)
 
シーズン10
最高2076最終お察し
 
シーズン11
最高2223最終2223(最終4位)
 
シーズン12~14
記憶にございません(´ω`)
 
シーズン15
最高2260最終2260(最終メインROM2位、サブROM3位)

シーズン15使用構築 カバガル (最終2位&3位) - 桜舞い散るこの頃

 

シーズン16

最高2210最終2210(最終18位)

シーズン15とほぼ同じPT

 

 

サンムーン

シーズン1

最高2186最終2149 (最終24位)

 シーズン2
最高2117最終知らん
 
【オフ】
名大オフ 8勝0敗 優勝
シングル厨 1勝7敗^o^
 シングル厨 2次予選敗退
真皇杯ラスチャレ 準優勝
ポケモン考察6アニメや趣味4ぐらいの割合です
 
多分アニメの記事はキモータ全開なので読まなくていいです()
 
ブログリンクは常に募集しています、相互リンクしてもいいよーっていう心優しい方よろしくお願いします(/・ω・)/
 

大会あれこれ

こんにちはさくらんです。

今回は僕が企画した『Boss Rush』という大会の運営が終わったので色々書いてみようと思います。

僕のわがままで生まれたような大会でしたが多くの人に関心を持ってもらえてとてもうれしいです、協力してくれた運営、参加者、配信を見てくれた視聴者の方には感謝です。

本当は企画からのあれこれとか書こうと思ってたんですが書いてたらまとまりのない文章になってしまったのでやめました、そのうちまた書くかもしれません。

この記事では大会の目的やルールのことについて簡単に書いていこうと思います、あくまで僕個人での思いなので運営の総意ではないことだけご了承ください

 

・『Boss Rush』という大会について

簡単に言うと僕があったら出たい理想の大会というのを目指して作りました、もちろん企画段階で話し合って諦めた事もいくつかありますが自分が他の運営の方に企画段階で譲れないものとして挙げた『配信者枠』、『最終2200又は最終30番以内』という二つの制度はしっかり形にできたと思うのでとても満足しています。自分が出たい理想の大会っていうとなんか自分勝手な感じがするかもしれませんがそもそも自分が出たいと思わない大会なんて作っても他の人が出るとは思えないと感じたので自分が出たい大会=他の人も出たい(興味が持てる)大会にいかに近づけられるかをとにかく目標にいろいろルールを考えました。

 

・参加基準について

『6世代、7世代で最終2200又は最終30番以内』という基準ですが最終を基準に付けたのは単純に運営で証拠確認がしやすいからです、成績確認についてはPGL DATABASEさんのサイトを活用させてもらいました、6世代のPGLが閉鎖されてしまったため非常に助かりました。

次にレート2200という基準ですがこれは6世代の最後にラフィーさんが開催した22杯が僕の中でとても思い出深く自分もこんな大会を運営したいと思ったのでその影響、そしてレート2200という数字が多くのレート勢の目標になっていると思ったからです。

最終30番以内という基準は先述したラフィーさん主催の22杯で過去に1ページを獲得したがデフレシーズンだったため最終2200を達成できず参加基準を満たせなかった人がいたためデフレシーズンに好成績を残した人たちにも参加してもらえるよう設けました。

丁度大会告知した時期のSMシーズン3のレートが非常にデフレシーズンであったためこの基準を設けたのは正解だったんじゃないかなと勝手に思ってます。

参加基準に6世代の成績を含めた理由ですが、これは単純に7世代だけの成績ではまだ仲間大会を開くのに十分な人数を集められると思わなかったため6世代の成績を含めました。7世代だけの成績にして基準を下げることもできましたが僕の中で『最終2200または最終30番以内』という基準は譲れなかったので今回は6,7世代の成績ということで他の運営の方にも納得してもらいました。

 

・配信者枠について

個人的に大会の目玉でもあり企画段階から1番うまくいくか不安だった制度です。

なんでこんな制度設けたのかと言うと、普段あまりガチ対戦を見ない方や惜しくも参加基準に届かなかった方に大会の様子を見てもらって一緒に楽しんでもらいたかったからです。ガチ対戦にあまり興味のなかった人がこの大会を通じて興味を持ってもらえたえり、惜しくもこの大会の参加基準を満たせなかった人が大会の様子を見て次このような大会があった時は出場してやると対戦へのモチベーションになってくれれば主催としては嬉しいです。

僕に配信者の知り合いがほとんどいない、仲間大会の大規模大会とかやってる人ほとんどいないから誘っても断られそう、一般参加、配信者ともにこの配信者枠という制度に納得するのか?など不安だったことを挙げればきりがありません。

大会が終わってからのTLや配信の様子を見る限りこの配信者枠に関しては大成功だったのかなと勝手に思ってるんですが、僕自身は配信者枠に関しては無力すぎたためほとんど仕事ができませんでした。マジで何の仕事もしてないです、ここまで盛り上がることができたのはほとんどの配信者枠の方と連絡をとってくれたでんそんさん、そして当日大会を盛り上げてくれた配信者の方々のおかげです本当にありがとうございます。

 

・大会当日について

当日は特に大きな問題もなく終えることができました、当日まで一番懸念していたマッチングについても自分や周りの人の反応を見る限り快適で再戦も数戦あったぐらいだと思います。1つだけ問題があったとすれば一度回線が切れてしまっただけで切断サーバーに飛ばされてしまってマッチングがめちゃくちゃ悪くなることですかね、運営としても想定できていなかったことなので参加者で切断サーバーに飛ばされてしまった人には申し訳ないです、切断サーバーに飛ばされてしまった人への救済処置でサブROMも一応登録しておくのもありだったかもしれません。

 

・個人的に大変だったこと

仲間大会での開催だったので当日はほとんどやることもなく自分の対戦に集中できましたが、やはり初めての非公式仲間大会での大規模大会だったこともあって参加者と連絡を取り合うのに非常に苦労しました、最初は運営垢を作って一括で連絡管理をしようと思っていたのですがなんの信用もないたまごアイコンで色々情報連絡をするのは参加者の方に申し訳ないと思い、運営が各々に連絡を取りあっていました。連絡したい情報が運営の誰かで止まっているのかそれとも参加者から反応がないのか確かめるのに少し手間がかかったり、だれがだれと連絡を取り合っているのかを把握するのにとても苦労したのでもし次があれば改善したいですしもしこういった仲間大会を開こうと考えている人がいれば参考にしてもらえると嬉しいです。大会終わってDMみたら全部で85人と連絡とっていました(真顔)

 

・大会終わってからのこと

大会が終わって一番驚いたのは参加者もそうですが参加者以外の方の非常に楽しかったという意見が多かったことです(めっちゃエゴサしてた)。正直な話こんなに反応もらえると思いませんでしたし特に参加してくれた方から次回もあれば出たいという意見などもたくさんもらえて主催としてこんなにうれしいことはありません。

もう一つ嬉しい誤算が大会後公開されたポケモンランキングが非常に注目されているということです。

大会終わってランキング公開されてそれで終わりだと思ってたんですが、公開されたポケモンランキングを見て色々考察している人なんかも見かけて本当にこの大会開いてよかったなぁと思いました。

 

・次回のこととか

第2回Boss Rushですが僕の中では今のところあまり考えていないというのが本音です、(今完全に燃え尽き症候群)

僕以外の運営の方はかなり2回目に関しても意欲的な方が多いので次回は主催が僕以外の方で開催されるかもしれません、別に僕の大会ってわけでもないですし今回の運営の中からなら誰が主催になっても僕としては大丈夫だと思っています。

 

・最後に

僕が第2回についてあまり考えていないことについてですが、それは僕がこの大会を通じて色んな人に自分たちで企画を作って楽しむことを知ってほしかったというのが理由の一つです。

少しネガティブな話になりますが7世代に入ってからTwitterなどを見ていると自分の周りでポケモンモチベが減っているように感じることが多くなりました。7世代を純粋に楽しんでる人からしたら飽きたんならやめろって話かもしれませんが、なんていえばいいのかわからないんですけどポケモンモチベは下がってるけどみんな本当に飽きてしまったわけではないんですよね、ポケモンに触らなくなったわけじゃないし、対戦しなくなったわけでもない、ポケモン対戦を楽しみたいとは思ってるけどなぜか昔ほど本気でポケモン対戦に向き合えなくなった、そんな感じの人が周りで増えたように感じていました。そんな中でじゃあ自分がポケモンを楽しむためにはどうしたらいいかと考えた時に6世代の最後にラフィーさんという方が開いていた22杯という大会を思い出したんですよね。僕自身はあの大会2勝4敗と振るわず予選落ちしてしまったんですが勝ち負け関係なく純粋に強い人たちを戦うのはすごく楽しくて今でもたまにあの時こうしていればなぁとかこの構築使ってれば勝てたかもとか思い出すぐらい思い入れのある大会になって当時運営をされていたラフィーさんには本当に感謝しています。それであの時のようなワクワクした対戦を7世代でもしたい、そしてその対戦を色んな人たちに見てもらってその感情をたくさんの人と共有できるような大会があれば自分も楽しめるしポケモン対戦ももっともっと盛り上がるんじゃないか?と思い考えついたのが今回のボスラッシュという企画です。

 今回大会を開催して次回も出たい、次回は出たいという意見をこんなにもらえるとは本当に想像していませんでしたし幸せすぎることなのですが僕個人としては今回大会に関わってくれた方や興味を持ってくれた方に次回も出たいという思いだけではなく、「仲間大会ってこんな使い方できるんならこういう大会開いたらおもしろいかもな」「こいつでもこんな大会開けるんだし俺ならもっと面白い大会開けるわ」という風にこの大会を通じてどんどん魅力的な企画が生まれるような流れになって欲しいなと思ったりしています。

なので第2回Boss Rushがもし開催されることがあれば今度は今後たくさんの魅力的な大会が企画されその大会に並ぼうと頑張れる環境で運営に携わっていけれたらいいなと考えています。

 

長くなりましたが今回仲間大会『Boss Rush』に関わってくれたすべての方本当にありがとうございました。

特に企画当初から僕の無茶にずっと付き合ってくれたたかきおすくんには感謝してもしきれないです。

 

お疲れさまでした!

 

【単体考察】千鳥クチート

f:id:pokemon_sanos:20160411184404g:plain

性格 いじっぱり

135(76)-172(252)-147(12)-116(4)-91(164)

選択技

じゃれつく/炎の牙orアイアンヘッド/はたきおとす

確定技

雷パンチ/ふいうち

 

A…特性のためぶっぱ一択

S...無振りムドー抜き

残り耐久

 

かみなりパンチ

補正ありHB252ドヒドイデ56%〜66.2%

補正ありHB252エアームド53.4%〜63.9%

補正ありHB252テッカグヤ56.1%〜66.9%

補正なし無振りテッカグヤ91.8%〜109.3%

補正ありH244B252ヤドランに54.7%〜64.6%

補正ありH244B252メガヤドラン38.8%〜45.7%

無振りメガリザードンY129.4%〜152.9%

 

HD

無振りテッカグヤの火炎放射56.2%〜66.6%

 

サンムーンに入りはたきおとす及びふいうちが弱体化し使い勝手が難しくなったため広範囲ではなく特定のポケモンを崩すことを考えた。

クチートミラーには強くしたいためアイアンヘッドまたは炎の牙のどちらかは必須

テッカグヤに対しては耐久振りの場合Sが勝っているためかみなりパンチ2回、S振りの場合はかみなりパンチ+ふいうちで縛れる

耐久面では不安しかないので基本的にはトリル構築に入れ、低速サイクルパにはピンで出すぐらいの意識がいいと思う

 

使おうとしたら炎の牙遺伝してなくて萎えたので誰かこのセリフと一緒に使ってやってください

 

f:id:pokemon_sanos:20170401231818j:plain

 

 

 

命中

Twitterなどでよく完成度の高い構築などの話を見かけますが高レートを目指すためでならば命中不安を入れることは間違いではないと思いますが完成度が高い構築を目指す上でさも命中不安技を多く入れた構築の完成度が高いように語られることに対してはとても疑問が残ります。

レートには対面、サイクル、受けループ、バトンなど様々な構築が存在しそのすべてに対応することは非常に困難です、その中で対応範囲を広げるため命中不安技を入れなければならないことも当然のことなのかもしれません、しかし対応範囲を広げるあまり運がよければ勝てる運が悪ければ負ける丁半博打のような試合が発生することが構築を組む段階で分かり切っているものの完成度が本当に高いと言えるのでしょうか、シーズンが終わり構築記事を公開してああこの人には完敗だった、この人なら納得だとより多くの人に思ってもらえるものこそが本当に完成度の高い構築と言えるのではないでしょうか。

高レートを目指すのではなく構築の完成度を語るのであれば命中不安技はできるだけ排除すべき要素であり少なくとも試行回数などでお茶を濁して誇るべき要素ではないと思っています

命中安定技で勝てている構築が存在している以上少なくとも目の前の対戦相手を納得させて勝利することを構築を組む段階で諦めている構築はむしろ完成された構築から遠ざかっているように私は思います

 

(あくまで構築の完成度の話であり高レートを目指すために命中不安技を採用することを否定しているわけではありません)

 

 

 

構築論

対面、サイクル、積み

どれが1番強いというのは決められないと思うしどれが1番強いかを決めることは不毛だと感じる。

仮にこの中のどれかが1番強いと自分の中で決め付けてしまったらサイクル、積み構築に対してはなから弱いという固定概念を持ってしまい考えを狭めてしまうだけではないだろうか?

自分で使うと弱いと感じるのであればそれは自分の実力不足、考え不足、立ち回りが下手くそなだけ。自分の苦手とする構築で勝てる人の思考を理解する努力をしその上で自分に最も適した構築を模索することが最も大切だと思う。

 

どれかで強いプレイヤーではなく何を使っても強いプレイヤーになりたい

 

SMシーズン1最終使用構築【ふろーずんガルガブ】最高2186最終2149

f:id:pokemon_sanos:20170117050806p:plain

シーズン1は使えるポケモンが少ない中でいかにZ技も含めた新要素に対応するかが求められたシーズンのように感じました。

個人的には常に後手後手に回るような構築の組み方をしてしまったため最終日の朝7時にようやく2100後半に乗せることができるぐらい勝てず反省しかないシーズンになってしまいました。

 

【個別紹介】

 

f:id:pokemon_sanos:20170117071735p:plain

メガガルーラ

いじっぱり

191(84)-189(212)-122(12)-*-141(164)-125(36)

ねこだまし/ブレイククロー/じしん/がんせきふうじ

もともとは身代わりガルーラを使用していましたがギャラドスパルシェンポリゴンZなどにS操作ができる強みのあるがんせきふうじに変更し使用していました。

調整は身代わりガルーラを使用していた名残で身代わりを意識した調整になっていますがDに厚く割くことでカプコケコの10万Zやカプテテフの眼鏡サイコキネシスを耐えられるため非常に役立ちました

 

f:id:pokemon_sanos:20170117072515p:plain

ガブリアス 持ち物こだわりスカーフ

陽気

183-182(252)-115-*-106(4)-169(252)

げきりん/どくづき/じしん/ほのおのきば

積み展開に対してストッパー性能の高いスカーフガブリアス。破った後のパルシェンや臆病スカーフテテフに対して上をとるため陽気にしていました。どくづきはブルルピンポイントで採用していましたが打つ機会が少なかったためアイへなどに変えてもよかったかもしれません

 

f:id:pokemon_sanos:20161224165459p:plain

カプ・コケコ 持ち物電気Z

臆病

145-*-105-137(172)-106(84)-200(252)

 10万ボルト/マジカルシャイン/瞑想/身代わり

C...Z10万ボルトで無振りメガルカリオを落とせる、+1Z10万で無振りカプコケコが落ちる

D...+1で無振りポリ2の不一致90技を身代わりが確定耐え

最低限の火力を保持しつつDLポリ2でも起点にできるようB<DになるまでDに努力値を割いたカプコケコ。受けループ気味のサイクル構築などに対しては非常に刺さりがよく1匹で完封できる試合も多かったです

 

f:id:pokemon_sanos:20161224163326p:plain

ミミッキュ 持ち物...ゴーストZ

陽気

131(4)-142(252)-100-*-125-162(252)

おにび/シャドークロー/身代わり/呪い

相手の高火力物理ポケモンに対して鬼火を撒きテッカグヤの受けの補助を行ったり、オニゴーリイーブイバトン、壁展開に対しての対策になるポケモン。ゴーストZは無限暗夜の誘いによって火力不足の補填とZ呪いによるHP回復の2つの選択肢を取ることができ非常に強力でした。

 

f:id:pokemon_sanos:20170117075357g:plain

バイバニラ 持ち物 気合いの襷

特性ゆきふらし

うっかりや

147(4)-*-105-178(252)-106(20)-128(228)

ふぶき/フリーズドライ/めざめるパワー(地面)/ミラーコート

B<D

ガルガブで押し切ることが難しいドサイドン、マンダジバコ、テッカグヤテテフジバコなどに対して出していくポケモン。サンムーンから特性ゆきふらしを取得しふぶきを必中で打てるようになったことやORASと比べ素早さのラインが全体的に下がったこともあり非常に活躍の場が広がったポケモンだと感じました、しかしながら上位での使用者があまりにも少ないため情報共有などによる型バレが激しく初見のはずの相手でもジバコイルやカプテテフがなぜかバイバニラから逃げていくことが多々ありマイナーポケモンを使う難しさを感じました。

性格や努力値配分に関してですが、育成した当初はフリーズドライの枠を氷の礫にしていて攻撃に下降補正をかけたくなかったことやバイバニラは案外種族値が高くミラーコートで与えるダメージが足りないことが多いため性格をうっかりやにして使用していました。

 

f:id:pokemon_sanos:20161224164530p:plain

テッカグヤ 持ち物ウイのみ

てれや(無補正)

203(244)-121-137(108)-127-138(136)-84(20)

ヘビーボンバー/火炎放射/守る/宿り木の種

B<D

B...殻破り後のパルシェンをつらら張りをきのみ非考慮で確定耐え

S...20振りポリ2、ジバコ抜き

1家に1台感覚で流行っていたポケモン。地面の一貫を消すころのできる枠であり、物理受け、特殊受け、ニトチャ型、果てはZ型まで様々な型が使用されていました。

シーズン序盤から中盤にかけてはミラーを意識しどんどんSラインが上がっていきましたがテテフパルなどの登場で最終的にはこの型を同じ84か下降補正をかけた72までSラインが下がりその分耐久に厚い型が多くなった印象を受けました。

耐久に補正をかけるためにSに下降補正をかける型にしようとも思いましたがHCジバコイルポリゴン2に上から殴られることを嫌って無補正テッカグヤを使用していました。

 

 

 

 

最高レートは2186 最終レートは2140ぐらい

TNこと♪で潜っていました

対戦してくださった方ありがとうございました。

 

 

 

 

 

↓余談

2182でマッチング切断ミスして泣いてたら相手知り合いだった_:(´ཀ`」 ∠):

 

f:id:pokemon_sanos:20170117091524p:imagef:id:pokemon_sanos:20170117091843j:image

 

 

 

 

 2200行きたかった...

 

 

サンムーンS1中盤使用構築【マン・マン・コ構築】

f:id:pokemon_sanos:20161224180845p:plain

S1序盤から中盤にかけ使用した構築です。環境の変化に伴って勝てなくなってきたのと新しい構築を思いついたのでサンムーンで初めて使ったPTの思い出として記事に書きたいと思います。

 

【個別紹介】

f:id:pokemon_sanos:20161224181205p:plain

ポリゴン2 持ち物...進化の輝石

特性...ダウンロード

性格...ひかえめ

191(244)-*-110-171(244)-116(4)-82(12)

トライアタック/10万ボルト/シャドーボール/トリックルーム

シーズン序盤から耐久ポリ2が強いという話を聞いていたのでじゃあ裏をかいてHCポリ2を使ってやろうと思い採用しました。トリルアタッカーがいないためトリックルームの採用が微妙に見えるかもしれませんがギャラドスなどの積みアタッカーに対してトリルを張ることで切り返していくことができるため非常に強力でした。

 

f:id:pokemon_sanos:20161224181933p:plain

ボーマンダ 持ち物...メガストーン

特性...威嚇

性格...慎重

185(116)-177(92)-151(4)-*-154(236)-148(60)

おんがえし/身代わり/竜の舞/羽休め

H...身代わり4回でHPが1残る

A...余り

B...端数

D...11n調整、C200カプテテフのムーンフォース確定耐え

S...準速カプ・テテフ抜き

火力と素早さをギリギリまで削って耐久に割いたボーマンダ、威嚇込みで無振りテッカグヤのヘビーボンバーを身代わりが確定耐えするのでメガ前対面であればほぼすべてのテッカグヤを起点にすることができたり(チョッキめざ氷テッカグヤに対しても羽休めで回復して起点にできる)、今シーズン非常に強力なポケモンであるカプテテフに対しても優位に立ち回ることができました(眼鏡の場合は上から捨て身や恩返しで倒されることを嫌って引く可能性が高く、スカーフの場合はムーンフォースを耐えて竜舞から展開)

f:id:pokemon_sanos:20161224163326p:plain

ミミッキュ 持ち物...きあいの襷

性格...いじっぱり

131(4)-156(252)-100-*-125-148(252)

じゃれつく/シャドークロー/かげうち/剣の舞

ASにぶっぱして襷を持たせただけで特に調整等は考えていませんがほぼすべての相手に対して2回の行動保障が得られるためストッパーとサイクル戦における受け出し要員として重宝しました。特にこのPTの弱点であるジバコイルに対して唯一安全に対面で勝てるポケモンであるためジバコ入りに対してはほぼ選出していました。

 

f:id:pokemon_sanos:20161224184744p:plain

マンムー 持ち物...突撃チョッキ

特性...鈍感(ゆきがくれ推奨)

性格...意地っ張り

191(44)-180(108)-101(4)-*-112(252)-113(100)

つらら張り/地震/地割れ/氷の礫

H...綺麗な191

A...余り

B...端数

D...ぶっぱ

S...準速ジバコイル抜き

ボーマンダと相性が良く地割れでポリゴン2に対して役割破壊を行うチョッキマンムー、シーズン1は地面枠(電気技無効枠)が非常に少ないので何を使うか非常に悩みましたがガブリアスではカプコケコに対して受け出しが安定しないことやフェアリータイプのポケモンが増えたことで逆鱗の通りがよくないと思いマンムーを採用しました。

 

f:id:pokemon_sanos:20161224165459p:plain

カプ・コケコ 持ち物...でんきZ

性格...臆病

145-*-105-147(252)-96(4)-200(252)

10万ボルト/マジカルシャイン/自然の怒り/ボルトチェンジ

特筆することもないですが、電気ZによってASガルーラやハッサムルカリオを落とすことができ、電気Zを考慮しない相手に対してZ技が通った場合は非常に有利に立ち回ることができました。

シーズン序盤は珠コケコが多かったためあまり電気Zが考慮されませんでしたがZコケコが最近増えてきているためZ技を考慮した立ち回りをする人が増えてきており刺さりが悪くなってきているように感じました。

 

f:id:pokemon_sanos:20161224164530p:plain

テッカグヤ 持ち物...食べ残し

性格...穏やか

193(164)-*-135(92)-128(4)-143(68)-104(180)

火炎放射/エアスラッシュ/守る/宿り木の種

飛行,鋼というタイプに加え覚える技も多く現環境において非常に強力なポケモンの1体。技構成、調整に関しては環境の変化に応じて変えていく必要があると感じているため、これ!と言った型を見つけ出すことはできずこのような中途半端な型を使用していました。

 

 

かなり早い段階で2ROM2000を達成し最高レートは2030、瞬間順位で6位?(確か)を記録しましたがサブロムが溶けてしまったため泣く泣く解散しました。調整など甘々な部分も多いですがよければ参考にしてやってください